★北海道の女性副管理人と当方及び高杉俊介氏との遭遇と経緯 2 ★
<!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->


<!-- [FC2 Analyzer] -->

・表向きの管理人「片桐」の正体

「片桐」という頭のおかしな自称・元プロボクサーでクラブの用心棒を名乗るヤンキー系マンガのキャラクターみたいに薄っぺら且つ非現実的な、
42歳で幼稚な中二病のヤンキー中年である北海道のゴロツキの書き込みも
同時に年中、毎日欠かさず一日中無数にありますが、
当方以前からの他にも被害に遭っているTomo氏という罪もない善良な方のブログに片桐が誹謗中傷コメントを書き込みしてきた発信源IPアドレス
KHP059139104003.ppp-bb.dion.ne.jpが、
当方のアメブロのメッセージページで当方と彼女がやり取りした時は毎回、同じ時刻に同時に当方のブログを閲覧して来ていた時に掴んだ
彼女(副管理人)のIP=KHP059139104003.ppp-bb.dion.ne.jp
(札幌の区まで彼女が自分のプロフィールに自ら晒して表記していた区と同一だという事も解析で判明、つまり同一の端末)
と同一であったという事などから、
片桐は彼女(副管理人)による自作自演の架空キャラクターだという事が判明しております。

そして「片桐」が高杉俊介関連では常に当方一人だけをミスリードし、
高杉俊介関連を当方一人だけへの個人攻撃の誹謗中傷のみで埋め尽くして乗っ取る荒らし行為を繰り返しているクセに、
仮面ライダーという作品はおろか特撮には全く関心を示さない理由を考えてみて下さい。
つまり、「片桐」は当方だけが目当てなのであり、「片桐」は特撮ファンでも何でもないという決定的な証拠なのです。

昭和50年生まれと自称しておりますが、試しに昭和50年生まれが子供の頃に観ていたテレビ番組の事を質問してみて下さい。
まともに答える事はできないはずです。
慌てて検索して、ネットに書いてあった範囲だけを必死で当たり障りなく知ったかぶりしながら格好つけて空威張りし虚勢を張る事しかできません。


そして「片桐」の文章の根元を、しっかりと凝視して検証してみると、「片桐」は男を演じている「女」である事が、よくお分かり頂ける事と思います。

そもそも男と女とでは先天的な脳のメカニズムが全く違うからです。
「片桐」の書き込みは典型的な「女性脳」による勘違いした「最強の男性像」です。
(彼女は自身の目の前に立ちはだかった粗暴で素行が悪く程度の低い、どこにでもいるヤンキーのチンピラこそを史上最強だと思い込んでおります。
 それだけ実は人生経験が乏しいから、リアル社会で関わった人の数も少ない井の中の蛙なのです)

女としては世間体として言いにくい下品な事(男性器について等)を「片桐」として演じながら平然と言っています。

※彼女が描いた当方の似顔絵
 

そういう意味で、彼女は別人を演じきる事ができるといった二面性のある「二重人格者」なのです。

しかし、その下ネタも男ヤンキー独特の徹底さが全くなく、常に女性の言う下ネタレベルの水準で終わっております。
本当の男ヤンキーみたいに徹底する事が出来ないのです。
女だからなのです。

ちなみに「片桐」は、あんなにヤンキー口調で威張り散らしているクセに、
当方が「片桐」のアメブロのメッセージに、直接会っての1vs1の殴り合いの決闘を申し込んでみたら、
「片桐」からの返事は何もなく、気付かないフリをしながら相変わらず2ch高杉俊介スレッドで、その事には全く触れず一人で暴れているだけでした。


最近は「おやめ」「滝田」と名乗って更に別の男を演じているようですが、これも彼女の自作自演である事は一目瞭然です。
いくら後付けの設定を作ったところで、文体やキャラクター、行動、かつての当方の猿真似など、「片桐」と何も変わりません。
同一人物バレバレです。


彼女が「自分自身として(それだけが自分だと思わせて)」の当方に対する後付けの設定としては、
「実は既に3年前に熱愛の末、茨城のイチゴ畑の農家に嫁入りしている」
という臭い後付けのフィクションを自称して必死で誤魔化しておりますが、今だ札幌に在住し続けている事は証拠が取れております。
一時期「スイスに留学している」といった作り話も片桐を演じながら「鈴木は〜w」と一人芝居腹話術を繰り返して自称しておりましたが、
その間も実際は札幌に居住しておりました。

------------------------------------------------------------------------------------------

彼女は
「“高杉俊介氏関連で当方一人だけを集団リンチする事を高杉俊介氏の話題を差し置いてメインにしてふざける事”に賛成していない書き込み」や
「当方をメチャメチャに“最底辺人間だ”と侮蔑せず実際の等身大に認めている書き込み」
を全て当方一人の自作自演だと決め付け、
誰もが現在でも自分の尻に素直に整列して自分の先導に従い当方に対して怒り狂い続けてくれているものと妄想し、
当方の事ばかりを唯一の自作自演扱いして大自作自演王に仕立て上げておりますが、
それらには一切の証拠も根拠も無く、こじつけでしかなく(ワッチョイにした結果、それぞれが別々の人物だという事実が判明しましたよね?)、
実は、そう言う彼女自身こそが一番の大自作自演王だったのです。


※以前は何もかもが当方一人の自作自演だという彼女の決め付けを鵜呑みに信じていた人が多かったのは、
 当方アンチの特撮ファンは実は殆どが高杉俊介氏ファンで、
 
 当時は

 「高杉俊介氏の最大の敵=当方」

 と世間から認識されていたからです。
 週刊ポストに初めて掲載された当初は、どうしても事実が受け入れられず、
 当方が高杉俊介氏を週刊ポストに売って陥れたと思い込んでいた高杉俊介氏ファンもおりました。

 そして週刊ポストで高杉俊介氏の明るみになった真相が、当方が再三再四イベント等で拡散し続けていた通りの内容であり、
 又聞きではあっても内容は何も違わないので誰も事態が混乱する要因など何処にもあるはずはなく、
 本来であれば当方が悪者扱いされるのは、そこで終わるはずなのですが
 (それまで高杉俊介氏の金銭問題は当方によるデッチ上げという事にされていただけだったので)、
 不思議とそれが終わるどころか、
 何故か、それ以上に当方が意味不明な悪者扱いをされるのが益々エスカレートしていく一方で、当方虐待ブームは更に熾烈・凄絶を極め、
 負の連鎖が負の連鎖を呼び、
 当方にとっては「泣きっ面に蜂」「泣きっ面に小便」状態となり、
 (彼女が「高杉俊介は終了した。次はエルビス飛鳥を終了させる番だ!」と言って更なる大虐待を開始してきましたが、
 実際にはその前に当方は一切の出演活動を自ら引退し、既に終了していました。
 しかし「エルビス飛鳥」という名前自体が力強くインパクトがあり、生き生きした能動的な印象で、また当方の元々の存在感も半端でないことなどからも、
 いつまでもしぶとく現役で出演活動し続けているというイメージに見えたり、実際以上に有名に見えたり、実際以上に注目されているように見えたり、
 「これから悔しくも芸能界で売れてしまうんじゃないか!?」という不安すら感じられてしまうのでしょう)、
 その空前絶後の「エルビス飛鳥ネット大虐待ブーム」の陰に高杉俊介氏の週刊ポストで暴露された金銭問題は完全に隠れて、
 あっという間に風化してしまい、
 今回のテレビでの報道になるまでの約1年半、
 高杉俊介氏関連は全てが「高杉俊介」という題名の当方一人だけを集団リンチするだけといった意味不明な、ふざけた内容と化してしまっておりましたが、
 ここには異常な不自然さが付きまといます。

 よく見ると、ほぼ全てが彼女一人だけによる自作自演での当方虐待への扇動書き込みとワンパターンなコピペローテーションだけであり
 (彼女は「報道された内容が当方が言ってた通りの内容だった」という事実を断固、認めたくなくて絶対納得がいかなくて
 悔しくて悔しくて、どうしようもないから、何としても、どうしても、話を捏造して捻じ曲げてでも、当方を最大の極悪人という事にしたい)、
 更には相槌を打つように例の頭の悪そうなニセ当方が登場し、彼女&彼(管理人)や奥虹氏やファンクラブ会長は勿論のこと
 誰も(平山社長&黒田能靖氏までも)がそれを本物の当方だと本気で信じ込み、
 誰もがその厚かましいニセ当方に怒りを募らせ、誰もが彼女に先導されるまま当方一人だけに釘付けになってしまい、
 いつしか高杉俊介氏の金銭問題は忘れ去られて行き、
 更に高杉俊介氏関連は全てが当方虐待のみで埋め尽くされ、高杉俊介氏の真相は薮の中となってしまっておりました。

 やはりそれでも高杉氏がまた無心を現行で続けているという情報が続いていたり、
 まだ高杉俊介氏を信じる新たな高校生のファンが美容室で高杉俊介氏に会ったという喜びの記事をTwitterに掲載する等があったのは、
 こんな当方虐待メインの状態で、一度は週刊ポストで明るみになった情報が簡単に目立たなくなり
 この壮大なスケールの当方虐待の大存在感の陰に簡単に隠れて風化してしまったからです。
 全ては彼女自身の発狂した行動(主に当方一人だけにこだわったネバーエンディングコピペローテーション)の結果です。

 つまり、「かえって事態を混乱させ、長い間、真実を有耶無耶にさせた超A級戦犯」は当方ではなく、書いている彼女自身なのです。

 精神的に、おかしいのも、どう見ても書いている彼女自身の方です。

 >ネットの隅から隅までを使って成り済まし(自作自演)、吹かし、自画自賛、誇大アピール、喧嘩、荒らし行為、
 >と何でもござれの奇行蛮行で、知り合った人間、出会った人間全員からほぼ例外なく忌み嫌われる疫病神の狂気人間。

 これも当方ではなく、まさに全て書いている彼女自身の事です。
 そうですよね?
 自分の事を書いて、どうするのでしょう?

そして彼女は「精神分析医」を自称しておりますが、それも全くの嘘っパチだという事も証拠が取れております。
当方に長年、付きっきりで当方をネット虐待して、ふざけて面白がっている犯罪行為も
「当方を被検体としての精神医学の実習勉強」と称しておりますが、
それ自体が、あまりにも、ふざけ過ぎていて大いに間違った視野の狭い非常識的過ぎる幼稚な勉強の仕方です。
(ハッキリ言って、精神分析医を自称する彼女よりも、素人の当方の方が遥かに人間の心理学や精神学に詳しいではありませんか!?
彼女が、ただ喚き散らしている汚い言葉や精神医学の専門用語の羅列や大学で習うような日常は殆ど使われない言葉や漢字ばかりを並べ立てているだけの
辻褄の合っていない屁理屈罵詈雑言よりも、当方の説明の方が全然、意味が分かりますよね?)
そして、早稲田大学に、医学科は存在しません。
それに3年目ぐらいまでの新人医師は非常に過酷で、やらされる事が多すぎて、寝る暇もなく、休みもなく、
とてもネットなんかやっている暇が無いほど忙しいのが現実です。
つまり、全くの「自称(嘘)」だったのです。
毎日、一日中書き込んでいるという事は、実際は「実家暮らしのニート」だったのです。
名目は「家事手伝い」です。
親御さんは、どうしてここまで彼女を甘やかせて庇護し、養っているのでしょう?
これじゃ犬や猫を一匹飼うのと何ら変わりません。
大金持ちの家庭だから働きに出させる必要もなく、
彼女も親に対しては「両親が長時間留守なので家事を引き受ける素直な良い子」を演じているのでしょうけど・・・
いくら女でも、こういう一日中ネットに入り浸って他人に迷惑を掛け面白がって遊び呆けているのを「社会のゴミ」というのです。
「女だから許される」というのは完全な間違いです!
甘ったれるな!

選挙前の時期だけ叔父の選対事務所の臨時スタッフとして働いているようですが、
それだけで仕事をしている“つもり”になって、あとはニートというのでは話になりません。


更には彼女が絶対的な自信を誇る“顔”も、実は整形顔である可能性が高いです。

ハッキリ言って、ろくな人間ではありません。
あの叔父にして、この姪っ子なのです。
彼女の叔父の事件当時、週刊誌で「あの家系はイジメっ子に育てる、地元でも悪名高い家系」と書かれておりましたが、
彼女を見ると、それが本当だったという事が、よく分かります。


彼女は、このHPで当方本人に、自身の欲望、企み、嘘、屁理屈、知ったかぶり、辻褄の合っていない後付けの作り話を全て惨めに論破されてしまった結果、
やはりバカの一つ覚えのように2chへのコピペと屁理屈罵詈雑言で荒らし行為をする事しか出来なくなってしまいました。

そして、もはや彼女が高杉俊介氏関連を当方虐待のみで埋め尽くして塗り替える、ふざけた行為を支持する者は皆無になってしまい、
むしろ今や当方以上に彼女自身の方が、高杉俊介氏関連を当方虐待に塗り替えようとすればするほど全員から反感を買うようになってしまいました。
今や当方よりも
皆さんの会話に割って入り関係ない当方虐待ネタを書いたりコピペを繰り返したりムリヤリ当方の話題に変えて皆さんを強引に誘導する事で
皆さんの邪魔ばかりする空気の読めないネット荒らしの彼女自身の方が遥かに皆さんから嫌われ
彼女の当方ネタ荒らしこそが一番軽蔑されていますよね。
自業自得です。
当然の帰結です。
(今や皆さんは誰もが彼女の当方虐待誘導を全くシカトして、彼女の上に書かれている普通の高杉俊介氏の話題だけに返事して、
 彼女の当方虐待書き込みは最初から無かったかのように全く無視しながら進行するという暗黙のルールを守っていらっしゃいますが、正しい判断です。
 彼女は隙あらば当方虐待に塗り替えて2014〜2015年の「高杉俊介という題名の中身は最初から最後まで当方一人だけを虐待するだけの、ふざけた内容」
 に復活させようと常にチャンスを伺って高杉スレを監視しながら虎視眈々と構え続けております。
 誰かが一度でも当方の存在を出したら、待ってましたとばかりに彼女が割って入り、
 当方虐待コピペローテーションを繰り返してスレッド自体を一人で乗っ取ってしまいます。
 彼女は2014〜2015年の、至福の快感だった、あの頃の、ふざけた状態が、どうにも忘れられないのです。
 高杉スレに対して「あの頃よ、もう一度!」と思っているのです。
 しかし皆さんは、そうだけはならないように、当方の存在抜きで普通に高杉俊介氏の話題を続ける為に「触らぬ神に祟りなし」といった感じで、
 当方の存在もろともフルシカトするという暗黙のルールを通して下さるのは大人の対応だと思います)

2016年5月までは彼女の尻に素直に1列に整列し、彼女の指図に素直に従う当方アンチの特撮ファンが多かったのは、
彼らは、ほぼ全員が高杉俊介ファンだったからです。

当方を嫌う特撮ファンが何故そんなに多かったのか?
早い話それは当方が2014年まで高杉俊介氏の金銭問題を拡散していたから当然、全国の高杉俊介ファン達は激怒する、
ただそれだけの事だったのです。
それに付け加え、長年に亘って2chで常に皆さんの話題に割って入り、話題を中断させてしまう例の頭の悪そうなニセ当方。
さも「当方本人(?)現れるもボロ出まくりで言い負かされてる」という風に見えて、
このせいで当方の事を「頭が悪い」というイメージで定着させられる羽目になってしまいました。
このニセ当方が高杉ファン以外の当方アンチを増殖させてしまった、ただそれだけの事です。
今では、あれらが成り済ましの偽物だという事を理解して下さる方々も増えてきました。
だから高杉氏の金銭問題が当方の拡散し続けていた通りだった内容で世間に明るみになった現在
(当方一人の捏造だという疑いが晴れた、というより高杉ファン達による決め付けが破れた)は、
どんなに彼女が全身全霊で扇動しても、ほぼ誰も従わなくなったのです。
いたとしても彼(管理人)の自作自演以外は1〜2名であり、ちょっとした悪乗りの便乗でしかありません。

彼女は、それが悔しくて悔しくて何としても、何が何でも当方一人だけを最大の悪者に仕立て上げようと死にもの狂いですが、
いまや彼女は、たった独りの孤独な自作自演荒らし(皆さんの鼻つまみ者)でしかないのです。
もう誰も彼女の子分になんかなりません。
彼女は、まだ皆さんが自分の尻に付いて来ると信じきって自惚れ、リーダー面をして「各自〜するように!」とか言って、
皆さんを仕切って振り回そうとしていますが、
もはや誰からも相手にされていない事に全く気付いていませんね。
どこまで自惚れて自己満足の世界に浸る妄想をしているんだって話です。
彼女は
「ホラみんな付いて来るでしょ!」「ホラみんな付いて来るでしょ!」
 (「各自〜」等という、皆さんが付いて来るものと信じて自惚れリーダーぶった呼び掛けの書き込みや、当方虐待誘導コピペや、
  「エルビス飛鳥・飛鳥侑弥は2ch荒らし」等といった、今や誰も引っ掛からない捏造誘導が、まさにこの心理)
と言って
自分の尻を皆さんに向けながら整列を誘っているつもりでも結局は誰も付いて来ず、
滑稽に一人でエアー尻突き出しダンスの裸踊りを繰り返しているばかりです。
彼女が立てた当方スレも、ただ彼女が一人で当方ネタコピペローテーションや誘導のつもりの誰も付いて来ない独り言を繰り返して自己満足しているだけのスレッドです。
まさに「自慰行為」は彼女自身の方です。
時代は変わりました。
今や当方に対して怒り狂っている人は奥虹氏以外に誰もいません。
当方が誰よりもいち早く時代を先取りして拡散し注意換気していた高杉俊介氏の無心問題が全く当方が言い続けていた通りの何も違わない内容で全く正確な事実だった事が雑誌・テレビで判明し、
それと同時に例の頭の悪そうな文章で必死に屁理屈反論して皆さんをムカつかせるニセ当方が消え、
それが本物の当方でなく成り済ましの偽者だという事が皆さんに御理解頂けてきたから、もはや誰も当方本人を迷惑がる必要がなくなった為です。
迷惑がられているのは当方でなく、強引に関係ない当方を皆さんに大宣伝して2ch荒らしを繰り返す空気の読めない彼女自身一人だけです。


続きはコチラへ!





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ