★北海道の女性副管理人と当方及び高杉俊介氏との遭遇と経緯 1 ★
<!-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->


<!-- [FC2 Analyzer] -->

当方と北海道の女性副管理人との正確な出会いと経緯は以下の通りです。

当方と北海道の女性副管理人との出会いは2011年6月で、
彼女が仮面ライダーストロンガー主役の故・荒木しげる氏のアメブロのコメント欄で「マナ」と名乗って荒らしに荒らしまくり、
他のコメント者に自分から相手を侮辱してつっかかってケンカしていて、
翌月の文芸座における「仮面ライダー40周年イベント」のチケットの入手の仕方が良く分からないと言ってたので、
本来困っている人を見たら黙っていられない気質の当方は、うかつにも親切心のつもりで彼女のアメブロのメッセージへ入手方法を教えました。
顔写真は一般的な見解では美人の部類なのかも知れませんが、
やたら気が強そうで、すさんだ目つきで、目だけが常に睨み付けたような捻くれて不貞腐れた目で、やたら徹底した厚化粧色黒の徹底したヤンキー女系で、
当方は全くタイプではないので巷で言われているような当方が彼女に惚れたとかいうのは全く無く、どう見ても当方の大嫌いなヤンキー女ですし、
既に記事でTomo氏という当方以前からの被害者の方を吊るし上げて誹謗中傷していたので、関わったら面倒臭そうだと思いましたが、
チケットの入手方法さえ教えれば、そのコメント欄への荒らし行為が解決すると思って、うっかりメッセージを送ってしまいました。
それが一生後悔する事になるとも気付かずに。

すると、すぐに返事が来て、
故・荒木しげる氏のブログのコメント欄で他の人とケンカしていたり自分のブログの記事でTomo氏を誹謗中傷していたのとは別人のように
礼儀正しく、品のある文体での、お礼が来ました。

メッセージでは
「今日1日で飛鳥さんのブログを頑張って最初から全部読み終えました!
一般の方ではないとは思っていました。芝居に歌に活躍して、凄いエネルギーの方でビックリしました。
しかもその筋の芸能の世界ではかなり有名な方。私も見習わなくっちゃと思いました。
私は親からムリヤリやらされてきたという感じで実際はモデルにも満たないですが、
背がちっさくて、周りの男からは、いつまでも小学生と呼ばれてムカッとしています。
イベントの日は私の名前のプラカード持ってお待ちしていますね!
これからもご活躍を応援させて頂きます。 鈴木 拝」
といった内容の返事が来て、
それと同時に解析結果で
(当時、既に当方は自分のブログの解析が毎日の日課となっていました)
当方と北海道の女性副管理人とがやりとりしたメッセージのページを経由したKHP059139104003.ppp-bb.dion.ne.jpからのアクセスだけが
異常に当方のブログに物凄いアクセス数で訪問してきて、
それ以来、毎日欠かさず一日中、そのメッセージページを経由したKHP059139104003.ppp-bb.dion.ne.jpからのアクセスだけが、
異常ともいえるアクセス数で当方のブログに訪問してきているのが解析で表示されていました。

そして、故・荒木しげる氏のブログのコメント欄で自身がケンカしていた相手に対して
「親切な人がチケットの買い方を教えてくれたから無事にゲットできたよーだ。」
といったコメントを書いていました。
(その後も彼女による荒らし行為が続いた為、故・荒木しげる氏のブログはコメント欄を無しに変更されました。 荒木しげるブログ

当時、当方は今みたいな「誰からも忌み嫌われる精神異常者の犯罪者の性的変質者の大悪党!」といった最低最悪の人間のイメージ
 (管理人がしたらばを開設して今のように巨大化しアクセス数がうなぎ上りになってから
  彼が一人で捏造して拡散し続けた現在の悪のイメージがネットから見た当方のイメージとなってしまいました。
  そしてそれら一つ一つを誰よりも鵜呑みに信じているのが北海道の女性副管理人です。
  つまり、彼女はオウムの幹部みたいなものです)
からは想像もつかないクリーンな状況で、普通のインディーズ・アーティスト、特撮好きな普通の舞台役者、として扱われており、
特撮イベント常連仲間とも大体は仲が良く
(「知り合った人間、出会った人間全員からほぼ例外なく忌み嫌われる疫病神」というのも大嘘)、
少しずつ支持者が出来ていた時期でもあり、
舞台公演やライブに定期的に出演したりFMラジオ&ネットラジオで毎月放送される自分のラジオ番組も持っていて、
それなりにちやほやされており、少々のファンが少しずつ増えてきて、ブログへの応援コメントもそれなりにあり、
周りからは「ブログ読んでるよ♪もっと更新してよ!」とせがまれるくらいでしたので、
「ブログに注目しているという事は応援して楽しみに期待してくれているという事」と解釈しておりました。
(当時は当方を一方的にライバル視し、当方が少しずつ支持を得て行くのが気に入らなくて潰しにかかる、
 たまたま同じインディーズ音楽活動を行っているだけの、したらば管理人が“一人で”当方に2chでの嫌がらせをしていた時代でした)

ですので、「そんな中、当方のブログに毎日欠かさず誰よりも率先して訪問して来るという事は、
よほど当方の事が好きになってファンになってくれたのだろう」と当方は思い込み勘違いしていました。

彼女は当方が自分のブログに毎日何度も訪問して来るから自分は当方に一方的に惚れられていると勝手に勘違いして思い込み、
「大嫌いなタイプの男性である当方に一方的に惚れられて気持ち悪いから二度と自分に近付かないように追い払う目的で攻撃をしている」
というのが言い分のようですが
 (本当は当方の事が大好きだから「虐める」という彼女独自の異常性癖で愛情表現をしている)、
これは完全な彼女の思い込みと自惚れであり、
実際は彼女(KHP059139104003.ppp-bb.dion.ne.jp)の方が毎日欠かさず、
それも日に何度も何度も異常ともいえる回数で当方のブログに訪問して来ているのが解析に出ていた事と、
数度のメッセージも当方に対して友好的かつ「応援します」「これからの活動に期待しています」といった返事だった為、
よほど当方の事を好きになって大ファンになってくれたのかと早合点で勘違いし、
何かこちらの事を良い意味で紹介する記事でも書いてくれているかなと思って、
解析でKHP059139104003.ppp-bb.dion.ne.jp=彼女のブログアカウントからの訪問の形跡がある度に訪問し返していたというだけの事です。
(本当に彼女自身が現在言ってるように当時から当方の事を嫌がっていたのだとしたら、
当時の「応援します!」「期待しています!」という友好的なメッセージの返事は社交辞令だったという事になりますが、
そうだとしたら彼女は自分で自分の首を絞めていたという事になります。
本当に嫌いなのであれば絶対に社交辞令は言ってはいけません!!勘違いされる危険を背負うだけでしかありませんので)

ですので決して当方の一方的な訪問ではありませんし、むしろ彼女の方こそが異常に一人突出して当方のブログにしがみついて来ておりました。

しかし、それなら何故、当方の記事へのコメントも一切書かないし、アメンバーになろうともしないのだろうと不思議に思ってもいました。

その後も毎日毎日その北海道の女性副管理人とのメッセージページからのKHP059139104003.ppp-bb.dion.ne.jpのアクセスは
誰よりも当方のブログへ訪問し続けてきていました。

「なう」の方に友好的なコメントが2回だけ来た事もありました。
いずれも既に削除済みですが、
1度目は当方が
「俺のマネージャー的存在である○○氏がドラえもんだとしたら、俺は血気盛んになったのび太くんだな♪」
というつぶやきを書いたら、
その日の内に彼女が勝手に「じゃあワタシはしずかちゃん!」と書き込んで来ました。
2度目は当方の映画出演(結果的には端役)が決定した時、
当時の某・応援者の方が「飛鳥さん、映画出演おめでとうございます!今後の飛鳥さんの俳優としてのご活躍にも期待しています。」と書いて下さり、
当方が「どうもありがとうございます!頑張ります!是非、観に来て下さいね!」と返事したら、
何故か北海道の副管理人も「私も期待してます!」と勝手に書き込んで来ました。

ここまで書かれたら、通常は、誰だって彼女が期待して応援してくれていると判断しますよね?


その数ヵ月後(2012年夏)、彼(管理人)が当方を誹謗中傷するしたらばを開設し、
何故か彼女が、そこの住人として彼(管理人)に寝返っていて当方をキチガイ呼ばわりし、当方をバカにして誹謗中傷するアンチと化していました。
信じられない気持ちでした!
そして彼女は彼(管理人)の捏造するデッチ上げ話を一つ一つ疑うことなく鵜呑みに信じており、
いつの間にか彼女が、したらばの副管理人になっていました。
(当初の1年間ほどは、住人は管理人&副管理人&「たむし」の3名のみで、
元々は「高杉俊介氏を擁護する事が目的のサイト」としてスタートしたのが、したらばです。
この3名は当方一人だけに異常に夢中になって当方の事を細かく知りたがる、大ファンを通り越した「エルビス飛鳥オタク」でもあります。
この3名は当方に夢中になっている時点で熱烈な当方ファンなのです)
そして当方が全く会った事も関わった事も無い片桐という男を自称し、その人物が管理人だと自称して来ています。
そしてそれに対し当方が無視していると、ますます増長してエスカレートし、
特撮関連の2チャンネラーを中心に共謀仲間を次々と募っては殖やし、洗脳しながら
年々巨大になって行き、2015年に空前絶後の全盛期を迎えました。

また、2013年頃に、したらば三人衆(管理人&副管理人&「たむし」)と、
高杉俊介氏とグルであり当時の仮面ライダーイベントは全て一人で主催していてライダー俳優さん一人一人のマネージャー気取りで
「自身の大事な商売道具である高杉俊介氏を潰そうとする当方」を目の敵にしていた特撮イベンター隆鍋綿氏と、
全国の高杉俊介ファン達
(2014年1月から発生した「北海道・新エルビス飛鳥アンチ軍団」も全員が高杉俊介ファンで、その内の一人は速水亮氏の常連でもある)
とが一致団結しての当方一人への集中攻撃が始まって、したらばが活気付いた頃から
2016年5月の高杉俊介氏テレビ暴露報道に至るまでの期間は
常に当方一人だけが空前絶後で唯一無二の誹謗中傷される大主役となってしまっている時代だった為、
すっかり高杉俊介氏の存在が、当方一人だけの絶対的な余りにも巨大すぎる世界レベルといっていいほどにされている存在感の陰に霞んでしまい、
すっかり風化してしまっておりましたが、
彼女は2013年当時、当方が敵視していた時期の高杉俊介氏を自分達の味方に就けようと、結託しようとして
高杉俊介氏を異常ともいえるぐらいに持ち上げ、まるで高杉俊介氏にゾッコンかのように異常に支持し、高杉俊介氏を必要以上に過剰に褒め称え、
ワイルダネス福岡公演にまで高杉俊介氏目的でわざわざ北海道から飛行機で参加し、
高杉俊介氏を被害者とする事で当方を犯罪者に仕立て上げ、
高杉俊介氏のHP掲示板にもM.S.名義で
高杉俊介氏への応援コメントや当方を名指しした誹謗中傷や、したらばへのリンク誘導などの荒らし行為を繰り返しておりました。
それが高杉俊介氏の金銭問題が発覚した途端、彼女は、あんなにベタボレに応援していた高杉俊介氏に対しても
簡単に掌を返してアンチと化し、誹謗中傷をするようになりました。

現在、当方への最低人間に仕立て上げた同じ幾つもの捏造プロフィール等のテンプレートを
毎日欠かさず朝といい昼といい夜といい夜中といい、仕事もせずに
自分自身の人生の貴重な時間を大幅に費やして、
寝る時間を大幅に削ってまで全身全霊で死にもの狂いになって四六時中
そんな事に、それが自分の人生の最大の使命かのように、こだわって必死で頑張って、
無数に繰り返し繰り返しコピペを延々と繰り返しているのが、彼女です。

(高杉俊介関連で彼女が、皆さんの攻撃の矛先を高杉俊介氏から当方へと変更させるため
 当方の事を「かえって事態を混乱させ、長い間、真実を有耶無耶にさせた超A級戦犯。」
 と繰り返しコピペしておりますが、むしろそれは、当方でなく、
 高杉俊介氏関連を全て当方虐待メインに塗り替えて乗っ取り、
 当方一人だけを高杉俊介氏目的の皆さんに差し出しつつ高杉俊介氏の存在を当方の陰に隠して風化させ、
 当方一人だけの存在を高杉俊介氏関連に大宣伝して広め、ふざけている彼女自身こそが
 「かえって事態を混乱させ、長い間、真実を有耶無耶にさせた超A級戦犯」です)

それだけが彼女の人生で唯一の生き甲斐かのようです。

(本当に当方の事が嫌いであれば、当方の事なんか一切無視して、当方の事なんか完全に忘れて生きるべきです。
 心配しなくとも、当方が芸能界で売れてしまって当方の顔を強制的にテレビや街中の看板で見せつけられる時代なんか絶対に来ませんので、
 安心して忘れ去る事ができるはずです。
 無駄にムカつきながら生きるのは、時間が、人生が、非常にもったいないです。
 人生は、思ったより短いものです)

彼女は非常に心が貧しく極端に偏った視野の狭い人間です。
彼女の眼中には当方一人だけしか入っていないのです。
彼女には当方一人だけ以外は何も見えないのです。
今の彼女にとっては当方一人だけが自分の全てなのです。
もはや彼女は当方一人だけの為に生きているのです。
彼女は1987年6月に、当方一人だけの為に生まれてきたのです。

そして彼女自身は本当は心が寂しいのです。
人間は寂しさを感じてしまうと、誰かからエネルギーを奪いたくなって、批判や、攻撃をしてしまうものです。

本当は、彼女が一番求めているものは、「愛情」です。
両親ともに内科医で忙しく家に殆どいない状態で育ち、親の愛情を充分に得られず、善悪の判断さえも教われず、思春期になるとグレて不良グループに入り、
すさんだ育ち方をしたまま本当の愛情を知らず、誰からもまともに相手にされない事が悔しくて耐えきれなくて仕方がないのです。
その寂しさと悔しさを当方に八つ当たりして「正義の味方」を気取り自己満足する事で、鬱憤晴らしをして気を紛らわせているのです。
本当は彼女も辛いのです。

心が全く満たされていないからです。
彼女は、満たされたくて、満たされたくて、欲求不満で、どうにも我慢できないのです。

そして彼女は、自分の人生の大部分の時間を当方一人だけに対して捧げてしまっている現実に気が付いていないのです。
まるで彼女は当方と運命を共にしようとしているかのようです。
もう当方が彼女に一方的に、くっつかれてから7年もの歳月が経過しました。
つまり、既に7年間は運命を共にしてしまっているという事です。
そうして生きているうちに、彼女は遂に30代になってしまいましたが
(自分の20代から30代に替わる記念すべき誕生日にまで2ch高杉俊介スレに一人で一日中荒らし書き込みをしていた事には呆れるのみで、
 彼女は根っからの2チャンネラーという事です)、
そうかと思ったら、あっという間に40代になってしまい(先人の誰もが同じく言いますが30代は、あっという間に終わります)、
更に、もっと、あっという間に50代になってしまい、
彼女自身が
「自分の人生は何だったんだろう?
匿名掲示板で自作自演をしながら、会った事も無い一般の人間を汚い言葉で誹謗中傷し侮辱し罵倒して潰しに掛かるだけの事に人生をかけて、
人生の大部分をそれ中心に奪われてしまい、
肝心な経験を何もすることなく独身のままオバチャンになってしまった・・・」
と後悔してしまうことになるでしょう。

本人は、それでもいいと思っているのでしょうけど。

あるいは、彼女は当方の事を御節介に収入がどうとか結婚歴がないとか老後がどうとか言い、誹謗中傷しながらも当方の事が好きで好きで仕方がなく、
当方の真似ばかりし、四六時中寝ても覚めても当方一人だけの事ばかりを考え続けながら生きているということは、
彼女は実は当方と結婚して当方を自分の手元に置き、一生涯当方とSM性行為をし続けたいのかも知れません。
(彼女は勝手に当方を「M男」だと本気で思い込んでおります)
彼女は、息を引き取る瞬間まで、当方一人だけの名前を呼び続けながら、当方一人だけの事を考え続けながら死んで行くことでしょう。
もはや彼女は、あんまり当方一人だけにしがみつき過ぎ、当方一人だけに執着し過ぎるあまり、一人で当方狂いになってしまっております。
彼女の当方への一方的なしつこさと執着は異常過ぎであり、
これほどまでの異常なしつこさや執着というのは、人間の心理では恋愛感情なくしては有り得ない事なのです。
彼女はSM狂いであり、飽くまでアブノーマルな異常性癖です。
ここまで当方一人だけの人生を完全崩壊させてしまったという事は、彼女は当方と結婚する事で責任を取るつもりで、
そのつもりで、わざと取り返しのつかない状態にしようとしているのかも知れません。
つまり当方を他の誰の物でもない自分だけの物にしようとしていると・・・
少なくとも彼女は、この事や、自身が当方の事を好きだという事を指摘しても、一切否定しておりません。
ただひたすら当方に対する「言葉責めSMプレイ」という意味での、当方の猿真似コピペ(当方の事が大好きだから当方の猿真似をする)を繰り返すばかりです。
「おこぜ」が当方と彼女とを「はよ結婚しろ!」と西日本の方言で言ってた時も、彼女は嫌がるどころか、むしろ嬉しそうに喜んでおりました。

当方は頼まれても彼女との結婚なんか二つ返事でお断りですが。

そんなにSMが好きなのだったら、SMクラブで働けば良いだけの事です。
ネットでも札幌近郊でSM好きの出会い系など探せば、いくらでもあるのではないでしょうか?
そうすれば彼女が憧れているSM性行為なんて今すぐ本当に好きなだけやれます。
当方なんかよりも、よっぽど彼女にピッタリな、彼女の望むM男の男性なんて札幌だけでも、いくらでもいます。

当方はSMになんか全く興味がありませんし、Mの性質なんか皆無です。

おそらく、したらば管理人が、また誠実そうな口調の人格者ぶったメールで当方の事を「奴はマゾヒストです。」等といった、
彼女の興奮を煽る捏造メールでも送って焚きつけているのでしょう。
彼は当方と仲の良かった2008年前後も、しょっちゅうセシル氏の事をそう説明したメールを繰り返し当方に送っておりましたので。

彼女のような「サディスト」という人種は、実は人一倍、母性本能が強すぎる人種でもあるのです。
母性本能が異常に強すぎるが故に、それが好きな相手へのサディズムとなるのです。
彼女は本当は当方の事を可愛いと思っています。
可愛い故に虐めたくなるというか、「可愛さ余って憎さ百倍」に似た感情です。
当方が涙を流したら、彼女の母性本能は最高値に達します。
こういうタイプの女は意外と、こう変化します。
男が泣くと逆に抱きしめたくなってしまうのです。
しかし、誠に申し訳ありませんが当方は彼女の、こういった歪んだ愛情に、お応えする事は一切できません。

------------------------------------------------------------------------------------------

ここまで当方に筋の通った整合性のある“正確な事実”のオンパレードで完全論破された以上、
彼女は、もはや、かつての当方の猿真似のコピペローテーションを繰り返す事と、
下品で幼稚な、日本語になっていない意味不明な、ふざけた2chスラング(「市井」や「メシウマ」等)&ヤンキー言葉や、
最高に下品な言葉(「のたまう」等)のオンパレードや、
汚い漢字だらけの長文での意味不明な屁理屈罵詈雑言と、
辻褄の合っていない後付け(後出しジャンケンのようなもの)の作り話を付け足して悪あがきを繰り返す事しか出来ておりませんし、
彼女の喚き散らしている低次元で下品な言葉の数々は、何一つとして整合性が無く筋が通っておりません。

あまりにも、正当な反論を出来なさすぎて、もう皆さんからは正体(人間性・異常性)がバレ、もはや皆さんは誰も彼女を尊敬も崇拝もしなくなり
(いまや彼女が高杉俊介氏関連を当方虐待メインに塗り替えて、ふざけている号令の後に続いて彼女の尻に付いて行くのは管理人一人の自作自演のみ)、
また当HPで当方が一切の嘘を言わず、
彼女にウヤムヤにされ隠滅されてしまっていた実際の事実のみのオンパレードでの理屈の合う筋の通った整合性のある正確な説明により、
これまでは訳もなく彼女から意味不明な漢字だらけの長文で極悪人として紹介されていた当方が実は陥れられているだけで、
紹介されている一連の犯罪行為・迷惑行為・蛮行には一切の証拠も根拠も無い、ただの濡れ衣だという事実を
そして高杉俊介氏の金銭問題に当方の存在は全く無関係だという事実に気付き、理解して下さる方々が出てきた事が悔しくて我慢できず、
今度は当方の事を「間接的でも高杉氏の詐欺行為に手を貸して手助けをした」「長らく高杉事件が公に出なかったのは当方の言動が主因」などという、
これまでの自身の発言とは真逆の支離滅裂かつ強引な新たな作り話を、お得意の後付けで言っております。

そして以前の自身の設定は、ことごとく真逆の説に変わったりして辻褄が合わなくなってしまったので、
次々と無かった事にしたり別のキャラクターを演じる自作自演を繰り返して誤魔化しております。

彼女の述べる誹謗中傷発言は、ますます事実から、かけ離れていくだけでしかありません。

つまり彼女は、何としても当方一人だけは極悪人という事にし続けて、
2014〜2015年のように皆さんが自身の号令に従ってマインドコントロールを受け、皆さんがマヌケに彼女の尻に列をなし、
当方虐待の集団リンチをする形でい続けていないと気が済まないのです。
彼女は無数の男達を統率する男を演じた戦いの女リーダー「ジャンヌ・ダルク」でありたいのです。

そして彼女は、やはり高杉俊介関連で
高杉俊介氏を差し置いて当方を高杉俊介氏を凌駕する悪の唯一無二の大主人公に仕立て上げ続けたいのです。

彼女は当方に、もっともっと有名になって欲しいのです。


続きはコチラへ!





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ