管理人ブログ
デカ鯉釣りを目指して、
涙ありh
わらいあり
日々の生活を記録してますN


[記事を書く]
[月別][コメント]
[更新アラート]
2018年01月14日(日)
【新規開拓が、、、】
8,9日は、蝦っさんで、商売繁昌、笹持って来い‼

で、お参りしてから、また、今週も、釣り場探しに行ったのだが、、、

その前に、車の天井に、200Wのソーラーを装着した。家はマンションの為、充電が出来ない。走行充電

だけでは、釣り場でテレビを見てると必ず、バッテリー上がりを起こすのだが、これで安心。ハハハ

ネットで、28000円で購入、ソーラーも安くなったものだ。

それと、最強のブースター付き地デジアンテナを、取り付けた。ブサイクだが、後部に装着、、、、、

何と、今回試したのは山の中のダム、それが受信できたのだ。それも、走りながら長いトンネル以外殆ど、

受信出来るスグレモノ。これも15000円程だが、値打ちは、あるなあー

そんな事で、今回も山の中のダム周りをしたのだが、、、、もう少しで、遭難しかけた、ハハハ

山を上がれば、段々雪が増えてくる、、、、殆ど車の通らない山道は一日中アイスバーン、ヤバかった。

ノーマルタイヤで滑りながら、道無き道を走っていると、途中で大木が倒れていたのだ。あーあ最悪。Uタ

ーンも出来ず、よし、日ごろ鍛えた、スクワットのパワーで、そりゃあー、、、、、としかし、大木は持ち

上がらず、、、、、、ダメやあ、、、、、、途方に暮れていると、日も暮れて薄暗い中、しゃあない、腹を決めて、

15分くらいは、バックしただろうか、、、、その途中、鹿のグループに出くわして、6匹位に睨まれたが

こんなトコまできて、バーカと笑われたような気がした。まあ、何とか事故なく脱出できたので、ホッ!!

残念ながら、今回はダムを2箇所回ったが、殆どが絶壁、落ちたらアウト。竿を出せる所も探せず、最悪

でした。ここは、もう二度と来るかい、、、しかし、今日は寒かったーーなあ


00:37
コメント(0)
[コメントを書く]
2017年12月17日(日)
【師走です】
なクリスマスまで、あと、1週間。正月まで、2週間、、、、あー忙しいー

師走は、先生も走り回るくらい、みな、忙しいのは分かっているが、、、、仕事、私用、雑用、、、、

振り回されて、頭と、体が、許容量を超えもう限界、、、万年寝不足だ。

金曜日夜遅くにまで仕事、、、、それから、ジムでサウナに行って、帰宅、寝たのは、12時回っていたが、

何と、4時起床??? 寒いのに、ユックリ寝ればいいのに、極寒、早朝に出撃した。アホですねえー。

竿を出すのは、初めてのダム、比較的小さなダム湖の為、何ヶ所か降りる所を探しました。以前来た時に、へら師がやっているのは、見たことがあったので、歩いて探すと、2、3ヶ所は、降りれそうなトコがありました。

ただ、70度位の傾斜、危ない、危ない、写真のように、足を踏み外すと、真っ逆さま ハハハ

底探りをすると、5m先で、5mの深さ、15m投げると、10mのドン深か、、、、難しい!

大粒の、ペレットを巻き、様子を15分くらい見ていると、こざかなの反応と、らしき泡づけが、、、、

よし、ここに、きーめーた!

オマケに、減水の為、斜めの所を歩いて、ロットポッドも下を向き、歪んだ状態でセット

初場所は、面倒でも、団子餌を使う、、、、、1投目で当たりが欲しいのと、その周りに、ボイリーを撒いておき、2投目から、ボイリーに切り替えるときもあるが、、、、すると、何と2時間で、当たり、、、、ヤッタア!

センサー音、、、、嬉しいものです。初場所で、鯉がいるのか、居ないのか確証なく竿を出して、当たりが

あると、ワザワザこの極寒のダムに来て、救われます。

2時間おきに当たって、2〜3度になる夜中にも 2回のあたり、計5本の当たり、、、上出来、上出来!

えっ サイズは???
ハハハ
全部、70台でした。このダムのレギュラーサイズなのでしょう。

90台、メータークラスの群れもいるはず、、、、またの機会にチャレンジしたいものです。
った

16:00
コメント(0)
[コメントを書く]
2017年12月10日(日)
【ウーンサムー】
イメージ 4

土曜日の昼間に、関空にメイを送って行けという、、、、

1番いい時間が潰れるではないか、、、、ブツブツ文句を言いながら、、、、

山のダムに着いたのは、薄暗くなった6時前、ピューと冷たい風が吹くと、あーサムーと叫んだ。、、、、、、12月の夜のダムと言えば、だいたい、自殺された方、事故で水に沈んだ方々の霊がウロウロされていて

僕のサムーの声にビックリしただろうに、この時間に、何しにこの山のダムに来たのか、興味本位でで、寄って見に来られるのだが、、、、、

幽霊を怖がる人は多いのだが、所詮、元は人間、そこら中に、歩いている人間と変わりはないと思っている

。大体、自分で自殺するくらい気の小さい人たち、頑張って、成仏してね。生前は、嫌なことも合ったやろ

うけども、こんなとこウロウロしても、あんまり、ええ事ないよ。恨みつらみは忘れて、成仏してね。

こちらは、忙しい。そんな事に気を使っている暇もなく、サ、サッと用意して車に入る。ハハハハハ

寒いー。

先週と全く同じ、寝入った頃に夜中のセンサー音、、、、キタアーと、飛び出すが、サムー、やっぱり、寒い!

しかも、ヤッパリ、同じ型の70台、、、、

早朝には帰宅。

やけ食いしながら?

うーん、来週は、どこで竿を出そうか?


21:12
コメント(0)
[コメントを書く]
2017年12月03日(日)
【ハッピークリスマス】
もう竿を上げた方も多いと思いますが、、、、

今、ビートルズのハッピークリスマスが流れております、、、、あー12月かあ

諦めが悪く、凍えながら、ブログを書いております。

釣りの気分転換で、地図に2箇所をマークして、多分、誰も鯉師がはいったことがないだろうなと思われる

山奥のダム湖、どちらも、谷を降りられなければ、帰るつもりでしたが、、、、、、

車でゆっくり探しながら走っていると、木が切り倒された跡があり、車を降りて、30メートルくらい

9沢を降りていき、そこ探りをした後、15分くらい眺めていると、鯉らしき、もじりを見つけました。

よし、これならいける!! 車に戻って、近くまで、車寄せしようとすると、車が道にはみ出します。

それで、ノコギリを出して、屋根に登って、木を切るのですが、刃が小さすぎて、ハアハア云いながら。

30分格闘しましたが、無理、、、、、諦めるかあー ハアー

帰る途中に、対岸に道があるのが見え、ダメ元で、ダムサイトを渡り、向こう岸へ、、、、、、

段々道が細くなり、Uターンも出来ず、、、、心細くなり、車をおりて、歩いて探していると、Uターンする場所と、谷に、降りていける場所を、、、、、、ラッキー、、、、見つけた!

急いで、降りていき、湖面を眺める、、、、、底を探る、手前で、5、6メートル、20メートル投げると

10メートル以上に落ち込んでいる。多分この斜面に、木々の根っこがあるに違いない、、、、、

難しい地形やなあ、、、、、まあこのまま、帰るか、チャレンジするか、眺めていると、、、、、

パシャんと、鯉が跳ねたのだ、、、、それも深さは10メートルは、ある場所で、、、、跳ねた。

まあ大きくはないが、80くらいの鯉が、、、、、寄ってけ!と誘っているように ハハハ

それで、朝9時に餌を打ち、待つ、、待つ、、待つ、、、、夕方になり当たり無し、ダメかあと、思っていたら、

暗くなった、6時にセンサー音、キタアー、、、、、この時だけは、嬉しいものです。本当にこのダムには餌が取れないのだろう、、、、、細い体型の75センチの鯉だった。まあ、鯉が釣れたので、ラッキー

これで、竿を仕舞えなくなった、、、、、ここで泊まるのか?、、、熊でも出くわしたら、、、、

まあ、出ても、車から出なかったら大丈夫、、うん、、、大丈夫と自分に言い聞かせる、、、、、

寒いので、布団に潜り込み、ウトウトしていると、キタアー、、、何と、11時に当たった。

熊なんかどうでもよく、飛び出して、竿を持つが、、、、、小さい、これも70台、、、、

しかし、この場所もダムが出来て、60年くらいは経っている。絶対、110クラスはいるはず。いつか、ここのヌシを仕留めてやるからなぁ

はははは と負け惜しみ、、、、

新しい場所の、初釣果は、ドキドキするものだ。



10:17
コメント(0)
[コメントを書く]
2017年11月14日(火)
【大荒れの琵琶湖】
土曜日の朝、出発、琵琶湖に到着するも、大荒れ。

浅場ポイントは、波乗り出来そうな、水しぶき、、、、三方なら、大荒れも悪くない、、、、荒れた時に

逃げ込む所は予想がつくし、沖まで浅いので、沖に逃げ込むより、強風に押されて、押された側のワンドに

入ってくるからだ。

琵琶湖はそうはいかない、大雨と、強風で、浅場は、真っ茶色になり流れ込む、魚は安全な影響を受けない、
5メートル以上の深場で大人しくしている、、、、、、雨が止み、濁りが取れてくると、河口やワンドに

餌を探しに回遊する。しかし、、、、、、今回は、、、、、厳しい

岬の1番トン先で、夜中3時に当たったのが、75cmでした。大物の季節のはづが、、、、、

それも餌を打って、10時間後、、、、1投のみ、、、、、ウーン

07:09
コメント(0)
[コメントを書く]
2017年11月05日(日)
【雨後晴れ】
今週は、乗用車で、琵琶湖へ、、、、でも、また雨が、、、、

先週は、大雨でしたが、まだ軽の箱バンだったので、雨が降ってもリアドアを上げれば、着替えや、

仕掛けの用意などけっこう、助かったのだが、乗用車で、雨の中、センサーがなった後、やり取りは夢中

になって気にならないが、ベショベショのカッパ着て座ると、車内のシートも、ベトベトに、、、、

アーア 降ったり止んだり、、、

夕方に、何と一投目に90が来た。これは期待できるかな?、、、、その後、夜中に3回、続けて、早朝に4回のあたり、段々、型下がり、、、、、アレ??
80台2本、70台3本、60台、2本、、、、結局、8本上がったが、、、、、

最後60台まで釣れた時には、痛いことして、ゴメンよゴメンよ と、言いながら、針を外す有様。こらダメだ‼

寝不足で、帰阪。

静かな、琵琶湖湖畔から、雑踏も大阪駅の映画館へ、連休最後の日曜日、凄い人、人、人、、、疲れて倒れそう。

マイティーソウ、バトルロワイヤル、、、、なんかアベンジャーズのアニメッぽい映画でしたが、頭が空っぽのアホになる映画でした。 ハハハ


20:05
コメント(0)
[コメントを書く]
2017年11月04日(土)
【また、台風?】
アーもう嫌や、嫌や、、、雨、、、雨、、、、雨、、、、

土日は荒れると、聞いていても、じっと家に居るわけにもいかず、、、、、台風覚悟で、今回は、

軽の箱バンで向かう、、、、うん?、、、気合いがはいっている?どうせメジャーポイントは、人が入っているか、釣り荒れているので、水月奥か、三方、菅湖の奥でもと思い軽で向かった。

久しぶりに軽自動車に乗ってみて、ビックリ、良く走るのだ。高速も、山道もスイスイ走る。

キャンカーより、全然楽だ。まあ大体、ポイントを探すのには、絶対、軽だと思う。

三方に到着後、ビックリ、先週の台風で、大変な事になっていた。

三方の水は、カフェオーレ、真っ茶色になっていた。三方、水月、くくし湖まで、真っ茶色、ダメだこら!

成出、ドカン水没、、畑が湖になっていた。

三方の奥に行ってみた、、、、途中、、、直径30センチ位はある大木は、バタバタと倒れている、

軽で擦りながら、潜りながら進むと、道は、水没している。えーいと、一気に前進するも、タイヤが

半分以上水に浸かって止まった。回りは、真っ暗、このままスタックしたら、、、、、うーん、ダメ

諦めて、Uターン、、、バキバキ小枝を擦りながら、脱出した。この道を、良く、キャンカーで通ってたもんだ。

はす川にいく、ここだけは、水はグリーン色、しかし、水温は低く、雨水の量が多いのか、少し流れが早い。

朝まで、一投するが、案の定、魚はいなかった。7;8年前も洪水のあと、2週間くらい釣りにならなかった。

あーあ。台風は近づくし、雨は激しくなる、、、、、あーあ、帰る???せっかく来たのに?うーん

琵琶湖の湖東を目指す、湖周道路を走りながら、流れ込みを見て回る、、、、、1箇所、妙に、鳥が集まっているワンドがあった。よし群があり、その横に、小さな小川があり、水も効いている

底を探る、、、、40メートルまでビッシリ藻が生えていて、その先は、硬質の底でいい感じだ。

小川の先と、よし側にセット、、、、、竿を出し終えた時、、、、、ザーッと強力な大雨、

車に逃げ込む、、、、アーア、また、ビショビショ、
昨夜から,濡れては、乾かし、車の暖房で、温めると、疲れて、爆睡した。

一度、デルキムが、ブーブーと音がするが、また風の音か、、、よくこの音で、目が醒める、が、また寝た

夕方になり、あたりも無いので、さあー帰るか、、、、竿を、仕舞いに行く、、、、、、

ハテ?、、、竿がない?、、、、竿が無い!、、竿がないー、、、あれ?あれ?なんで?1本の竿はそのまま、あるが、ロットポッドは、ひっくり返り、一本の竿が無いのだ。あっあの時、一瞬で吹っ飛んだ?

やられた。多分ドラッグで、ラインがひかかったか、リヤドラッグが雨で硬かったか、いずれにしろ、飛んで行った、、、、、、ショック!!

もう既に、タモも、餌も、センサーもかたずけた、、、、台風は、確実に近ずいてくる。雨足もキツイ、、

しかし、、、

もう一度、一から、セットし直し、餌を練る。、、、アホやなあ、、、、ホンマにアホや、、、、アッタかいシャワー浴びて、家に鍋でも食べに帰った方が、、、、、、

またビショビショになりながら、セットして待つ、、、、軽なので、身動きできず、ただ待つ、、、、待つ

ダアーと大雨、ダアーと大雨の時、やっぱり、ビービー、、、センサー音

土砂降りの中、やっと上がって来たのは、75センチ位のの鯉、、、、うーん、微妙、やっと鯉つれたけど、、、

アホらし、、、もう帰ろ。


13:16
コメント(0)
[コメントを書く]
2017年10月22日(日)
【嗚〜呼週末、雨】
現在ご覧のブラウザには対応していないファイル形式です
ファイルに直接アクセスする場合は
ココをクリックしてください

イメージ 1

あーあ。せっかくの週末、雨、、、雨、、、、その後、台風、、、

昔は、雨も台風も、大好きだったが、、、竿出す時。仕舞う時、ずっと雨は辛い。金曜日の夜は、出そびれたので、土曜日、早朝出発。三方か、琵琶湖か迷ったが、日帰り釣行なので、夏に行った、和歌山のダムに向かった。
天気予報では、早朝から大雨の予報だったが、2時間で到着すると、何と、雨が上がっている。

ラッキー、急いで、用意したが、また、ザーと雨が、、、、その後、シトシトといやらしい雨が続く、、、、

半日しか無いし、ビショビショになって、風邪引くのに、、、、こんな時は、大人しく家に居れば良いのに、、、、台風来てるのにアホや、、、、と家内のお言葉、、、、その通りです、、、アホです。

朝、早かったので、ウトウトしていると、ピピッピーとセンサー音。センサーの音を、小さくしていたのと、激しい雨の音で、最初、何の音か、寝ぼけていて、頭がボーとして、わからないほどだった。

我に返って、確かに、センサー音、来たーあと、カッパを持ち、走りながら、着るも、ずぶ濡れ、100メートルダッシュで、竿を持った時には、100以上は、ラインが出ていた。
重量は無いが、妙にスピードがあって、元気がいい、、、、上がって来たのは、何と、80くらいの白と模様入りの色鯉が上がって来た。

うん?最近、妙に、色鯉ずいてないか?そう言えば、この間は、オレンジ鯉、が、、、、

確率的には珍しい事が続くものだ。よっぽど良いことがあるのかも、、、、ラッキー、、ははは

その後、ニゴイの当たりが続いたので、昼過ぎには、竿を上げた。仕舞う時も、結局、また、ビショビショ。


06:08
コメント(0)
[コメントを書く]
2017年09月24日(日)
【秋の釣り】
1週間前の台風が通過した後、どこの河川やダム、山上湖も増水、濁りは?

と心配していましたが、案の定、山上湖では、満水、一気に茶色く濁り、水温も3度

下がっていました。

そんな中、どおしても届かないポイントに、餌を入れたくて、車から150メートル荷物と、今回はボートを

担ぎ込み、トライ致しました、、、、、

手間岸には、魚の気配がない、どうも向こう岸が、通り道になっていてかなり大きな泡付けを発見したので

す。
対岸側を攻めることに、ボートで、200メートル沖まで漕いで行き、餌を運び、ポイントに落とす、、

待ち受ける作戦。朝打った餌の上に、大型の泡ずけが、、、、やったあ、もう来る!!!、ドキドキしながら見ていましたが、あれ?

通り過ぎる?、、、、何で???、、、、、、そして夕方にも同じ光景が、、、、しかし当たらない???

努力したのになあ、、、、諦めて、寝ることに。

完全に寝入った、何と2時半にセンサー音で起こされる。車から、竿まで、200メートルはある。

フウフウ言いながら、山を降りながら、竿を上げるのを忘れていたと、少し後悔する。

これは、本当に心臓に悪い。

結局、恐る恐る上げた鯉は、狙ったそれとは違う、80の鯉だった。

夜中に起こされると、寝不足になる、早朝、眠い目を擦りながら、仕舞っていると、

ミー〜んミーーンと、蝉が最後の力をフリ絞って、泣き叫んでいたのが、物悲しかった。

あーあねむたいー!

18:26
コメント(0)
[コメントを書く]
2017年09月10日(日)
【秋の気配】
秋の気配

みーんみーんみーんみーーーん
ツクツクボーシ、ツクツクボーシ、ツクツクボーーーシ、
山のなかは、やかましい
夏の終わりですね。
昼は、30ど、夜は、21ど、結構、風が吹くと寒いくらい、
秋の気配を感じます。
また、新たな山上湖にやってきました。
崖の上から、色鯉がみえます。
降りるとこを探しましたが見あたらず、諦めて帰ろうかと思いましたが、
地元のおじいちゃんが歩いていたので、尋ねると、あるには、あるけど、
ロープは、要るわなあ、、、という。

50メートル歩いて降りると、崖のくぼみがあり、そこに荷物を置き、そのした20メートルは、ロープを使って降りていきます。

テーブルの朝食は、ホテルではなく、崖のくぼみです。ハハハ
当たりがあるたびに、ロープを掴んで降りていきます。
結局、4回当たりがありましたが、崖のしたで、間に合わず、ゴロタ石に巻かれ2本は、とれず、80台、70台の結果でした。
ここは、もういや。

14:30
コメント(0)
[コメントを書く]

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++